【UE4】任意のオブジェクトを周回させる超簡単な方法

ブループリントを使って何かをする記事は沢山あるので、当ブログでは C++ を使った方法(初期化処理の一部でブループリントを使います)について扱います。

Unity で任意のオブジェクトの周りを周回させる方法を以下の記事で扱いましたが、今回は Unreal Engine 4 を使った方法を紹介します。

上記の記事では、数学の計算式を C# のコードに直して、それを使いました。
あらゆる状況に応用が利くので便利なのですが、今回は別の方法でやってみたいと思います。

執筆時に扱った Unreal Engine のソースコードのバージョンは 4.25.4
プラットフォームは Windows 10 (64ビット版) を対象としています。
ビルドに使用したアプリ(IDE)は Microsoft Visual Studio 2017 です。

以降、Unreal Engine 4 を UE4 と略記します。 

“【UE4】任意のオブジェクトを周回させる超簡単な方法” の続きを読む

【Unity】ある点の周りを周回させる方法

この記事では、 Unity を使い、任意のオブジェクトを、任意の点を中心に、その周りを周回させる方法について説明します。

使用した Unity のバージョン 2020.1.11f1
使用したOS Windows 10 Home (64bit)

Vector3と、UnityEngine.Mathf.Sin() & Cos() しか使わないので、どのバージョンでも使えます。

“【Unity】ある点の周りを周回させる方法” の続きを読む

【Unity】画面の位置(スクリーン座標)をワールド座標に変換する

この記事では Unity の C# スクリプトを使い、スクリーン座標からワールド座標を求める方法について説明します。

使用した Unity のバージョンは 2020.1.1f1(64-bit)
プラットフォームは Windows 10(64ビット) です。

“【Unity】画面の位置(スクリーン座標)をワールド座標に変換する” の続きを読む

【Unity】Vector3.Lerp の日本語訳

この記事は Unity 公式スクリプトリファレンスの Vector3.Lerp を日本語に翻訳し、若干の補足を加えたものです。
翻訳元のページは以下となります。

“【Unity】Vector3.Lerp の日本語訳” の続きを読む

【Unreal Engine】スプラッシュスクリーンをドラッグで移動できるようにする(Windows専用)【UE4】

この記事は、Unreal Engine のソースコードを変更し、エディタ起動時に表示されるスプラッシュスクリーンをドラッグして移動できるようにする方法について説明しています。

執筆時に扱った Unreal Engine のソースコードのバージョンは 4.25.1
プラットフォームは Windows 10 (64ビット版) を対象としています。
ビルドに使用したアプリ(IDE)は Microsoft Visual Studio 2017 です。

以降、Unreal Engine 4 を UE4 と略記します。 

“【Unreal Engine】スプラッシュスクリーンをドラッグで移動できるようにする(Windows専用)【UE4】” の続きを読む

【C++】const の扱いが複雑すぎる

これは C++ の const に関する記事です。
動作確認には、Microsoft Visual Studio 2017 を使用しています。
他のコンパイラでは動作が変わる可能性があります。

2020/08/05 間違っていた箇所を修正。

“【C++】const の扱いが複雑すぎる” の続きを読む

【.Net C#】多次元配列、ジャグ配列、List<T> この中で一番速いのは?速さと使いやすさを両立しているのはどれ?

この記事では .Net Framework と C# の、多次元配列、ジャグ配列、List<T> について記載しています。

“【.Net C#】多次元配列、ジャグ配列、List<T> この中で一番速いのは?速さと使いやすさを両立しているのはどれ?” の続きを読む

【Unity】誰も教えてくれない Test Runner の落とし穴

これはゲーム開発エンジン Unity に関する記事です。
この記事では、私が Unity Test Runner を使ったときにつまづいた点と、その解決法などを書きます。

“【Unity】誰も教えてくれない Test Runner の落とし穴” の続きを読む

【Unity】Addressable Asset System 公式マニュアルの和訳 Part2

もくじ
Part1 アドレッサブル・アセット・システム
Part2 アドレッサブル・アセットの概要(この記事)
Part3 始めてみる
Part4 開発サイクル
Part5 ホスティング・サービス
Part6 メモリ管理
Part7 非同期命令の処理
Part8 カスタム命令
Part9 解析
PartX マイグレーション・ガイド

これはゲーム開発エンジン Unity に関する記事です。
この記事は、
https://docs.unity3d.com/Packages/com.unity.addressables@1.1/manual/AddressableAssetsOverview.html
に書かれている内容を日本語に翻訳したものです。
分かりにくいところには(全体を通して分かりにくいですがw)、補足説明を付けています。

“【Unity】Addressable Asset System 公式マニュアルの和訳 Part2” の続きを読む