桂月 吟之夢 純米大吟醸

桂月(けいげつ)は、高知県にある酒蔵『土佐酒造株式会社』が販売する日本酒です。
四国のど真ん中にあり、棚田による栽培と昼夜の気温差が良い酒米を育むと言われているそうです。

地元近くのお店で偶然出会い、数量限定生原酒を入手できました。
原酒はネットだとなかなか手に入らない印象です(ネット販売していなかったり、すぐに売り切れてしまう)。

前回、浦霞の『吟のいろは』について記事を書いたのですが、『吟のいろは』は、お酒のために栽培された酒造好適米(しゅぞうこうてきまい)で造ったお酒です。

こちらの『吟之夢』(ぎんのゆめ)も酒造好適米です。
山田錦を元に品種改良されたお米で、無農薬栽培しているとのこと。

日本酒について調べるようになり、独自の酒造好適米を使ったお酒を知る機会が増えました。
入手困難な『国酒禊』もそうですし、良い酒を造るために並々ならぬ努力をされている話を聞くと、「自分もまだまだ努力が足りないな…。」と思うことができ、とても励みになります。

米から作るお酒が増えているのは、日本では酒類の消費量が減っている※ため、特に日本酒はその煽りを受けているようで、今までのやり方が通用しない時代になっている…というのもあるのかな?と思います。


国税庁がデータを公開しています。

清酒酵母は原材料名に記載されていない

酒蔵の方が出張販売されていたので、直接お話を伺うことができました。
日本酒の中でも、桂月のフルーティーな風味はパイナップルやメロンと例えられるそうなのですが、その風味を作り出しているのは、使用している酵母によるものとのことでした(米の風味もあるっちゃある)。
桂月にも種類が色々とありますが、酵母が違うものがあるとのことです。

日本酒というと、酵母は糀(こうじ)の麴菌(こうじきん)だけ…という印象でしたが、麹菌だけでは米が持つデンプンを糖に変えることしかできません。
その糖を分解してアルコールに変えるには、別の酵母が必要になります。
その麹菌以外の酵母によって、日本酒の風味が変わります。
糖を分解してアルコールを作る過程で、風味をつける物質も生成するからです。
この酵母を『清酒酵母』と呼びます。

清酒酵母については、こちらの記事が分かりやすかったです。

酒蔵の方が突っ込んだ説明をしてくれたお陰で、日本酒が使う酵母について知るヒントを得ることができました。
清酒酵母もいろいろな種類があり、続々と開発されているそうなので、清酒酵母でお酒を選ぶという選択肢もありそうです。

なんとなく「米と水と糀だけで造った日本酒美味しいな~」と思っていたのですが、酵母のお話を伺ったとき、「新たな知識が得られる!」という期待で脳が震えました。
プロのお話は本当に得るものが多いです。

味の決め手は米と水と清酒酵母だけではない

他にも、糀と清酒酵母を混ぜた酛(もと)を作る過程で、雑菌を減らす工夫が必要なのですが、その方法も酒の品質に影響するそうです。

大きく分けると以下の3種類。

・生酛(きもと)      → 古来の手法、手間も時間もかかり、失敗しやすい
・山廃酛(やまはいもと)  → やまはいじこみ、生酛を改良した手法
・速醸系(そくじょうけい) → 現在はほぼこれ

生酛で造ったお酒…飲んでみたくなりますね。
ただ、それを飲むのにふさわしい知識と経験と、しっかり利き酒ができる能力がないと違いが分からなそうな気がします。
今の私では無駄になってしまうので、入手できたとしても、何年も寝かせておくことになりそう…。

で、桂月のラインナップを見たところ、生酛造りのお酒も、山廃仕込みのお酒もどちらも取り揃えていました。

生酛造り … 桂月 Sake Nature
山廃仕込み… 桂月 相川譽 山廃純米酒 58

飲んだ感想

かすかにパイナップルのような香りがします。
火入れと加水で味を調節する前のものなので、アルコール度数が若干高く、風味も味も強いです。

味もパイナップル風味の日本酒という感じです。
きちんとした日本酒で、なおかつ、パイナップル風味がする…というのは初めての経験なので、面白いと思いました。

普段はアルコール度数15%程度のものを飲んでいて、慣れてしまったせいかあまり酔わないのですが、こちらは17%。
たった2%上がっただけなのに、おちょこ一杯でめっちゃ酔います。

人によって桃っぽいとか、感じ方は変わると思いますが、はっきり言えるのは柑橘系の風味ではないです。
リンゴ寄りなので、カプリン酸エチルが強いのでしょうか?

キンキンに冷やして、風呂上がりに飲むと最高でしょうね。
子供さんにはフルーツ牛乳を飲んでもらって、大人は桂月の生原酒で乳酸菌とフルーツの風味とアルコールを愉しむ。
で、酔っぱらってそのまま寝ちゃうとw(最高の一日)

また、「日本酒は辛くて飲めない」という人にお勧めできるかなと思います。
女性や若い方に是非試していただきたいです。

ソムリエの評価は以下

桂月 吟之夢 純米大吟醸 50

「白桃の香り、米々しい感じがする。米の風味が口の中にとどまり、うま味、苦味や渋みが口の中に広がり日本酒好きにおすすめ。口の中にうま味の広がりがある。」
合わせたい料理:脂のある刺身、ブリ、はまちのしゃぶしゃぶ、ベシャメルソース

桂月公式サイトから抜粋

桂月館

酒蔵の方からいただいたパンフレットに書かれていたのですが、桂月の名前と所縁のある作家『大町桂月』を偲んで造られた『桂月館』という資料館があるそうです。
入場料は200円のカップ酒というのがまた面白いです。
まとまった休みが取れたら行ってみたい場所ですね。

桂月を飲んで思ったこと

しばらくお世話になろうと思います。
私はもともと「にごり酒」が大好きなのですが、にごり酒もありますし、生酛造り、山廃仕込み…と、桂月には飲みたいものが一通り揃っています。

『福寿』の生原酒も入手できたので、そちらを愉しんでからですかね。

酒蔵の方にお聞きしたのですが、10月に「桂月 CEL24 純米大吟醸 50®」の生原酒もネット販売するかも…とのことで、来月はそちらをチェックしようかなと思います。
生原酒のネット販売はすぐに売り切れてしまうので、頑張らないと買えなそう…。

なるほど、こうやって日本酒沼に落ちていくのか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。